Japan Digital Designなど、『みんかぶ保険』を共同開発し共同運営を開始

『みんかぶ保険』の共同運営開始

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社となるJapan Digital Design株式会社と株式会社みんかぶは4月23日、『みんかぶ保険』を共同開発し、共同運営を開始したと発表した。
この取り組みでは、日本生命保険相互会社、第一生命ホールディングス株式会社、明治安田生命保険相互会社などの生命保険会社から協賛を得て、保険選びでの新たな顧客体験の創出と提供に努めていくとしている。
『みんかぶ保険』は、ロボアドバイザーを生命保険および傷害保険などに適用したサービスで、ユーザーは年齢や家族構成などの基本情報や、保険を選ぶ際に簡単な質問に答えることで、加入期間や保険料の目安、保障のバランス等、潜在的に持っている保険のイメージを可視化することができるという。

「かんたんデザイン」と「しっかりデザイン」の2種類

同サービスは、ユーザーが無料で利用でき、性別・年代・家族構成を入力するだけの「かんたんデザイン」と、より詳しくプロフィールを入力して質問に回答する「しっかりデザイン」の2種類から選択できる。
「しっかりデザイン」では、必要保障額や一時金の有無といったプロダクト目線の質問でなく、「入院の際にどんな病室で過ごしたいか」といった、保険の専門知識がなくてもわかる質問に答えることで、自分に合った自分だけの保険をデザインすることになる。
さらに、自分でデザインすることで保険イメージを把握したユーザーは、具体的な商品の説明や相談を行うため、同サービスを通じて生命保険会社のホームページに遷移することにより、ユーザーの将来希望や不安等の想いを橋渡しする仕組みを、生命保険会社と連携により提供するとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
Japan Digital Design株式会社 プレスリリース
https://www.japan-d2.com/news-detail/2018/4/23
『みんかぶ保険』
https://ins.minkabu.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:
その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)