明治安田生命、「ベストスタイル」の特約として「給与・家計サポート特約」を発売

新たな特約として「給与・家計サポート特約」発売

明治安田生命保険相互会社は4月26日、この6月2日(7月1日契約日または中途付加日分)から、総合保障商品「ベストスタイル」の新たな特約として、「給与・家計サポート特約」を発売すると発表した。
この特約は、契約者が病気やケガで働けなくなった際、月々の生活費を保障する商品となり、入院・在宅療養が長引くことによる収入減少や生活費の不足を毎月の給付金でサポートし、経済的負担を軽減することで職場や家庭への復帰を応援するものとなる。
この主なポイントは、入院または在宅療養が30日間継続した時から毎月給付金が支払われ、支払い開始後は状態継続の有無によらず1年間支払われることとなる。
また、どんな病気やケガの場合にも支払い対象となり、支払い事由に2回該当するまで保障が継続するとしている。

月々の生活費を1年間サポートすることが開発理由

同社が実施したアンケートで、30日以上入院したことがある人の約7割は退院から仕事復帰まで1ヵ月以上かかっていることから、働けない期間が長引くと、入院や通院にかかる治療費のほかに収入減少や生活費不足によって家計への経済的負担が生じる可能性があるという。
また同アンケートで、約8割は就業不能保障の準備をしていないか、知らなかったと答えており、働けなくなるリスクへの備えが十分には普及していない状況だったとのこと。
このため同社は、病気やケガで働けなくなったときの月々の生活費を1年間サポートするものとして、「給与・家計サポート特約」を開発したとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
明治安田生命保険相互会社 プレスリリース
http://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)