カーディフ生命など、団信Web申込サービスに自動引受査定エンジンを導入

団信Web申込みサービスに自動引受査定エンジン導入

カーディフ生命保険株式会社とカーディフ損害保険株式会社は5月23日、団体信用生命保険(団信)などのWeb申込みサービス「カーディフ団信オンライン」(旧サービス名:クイック審査くん)に自動引受査定エンジンを導入、告知手続き機能とユーザビリティを向上させたと発表した。
同サービスは、住宅ローン契約時に加入する団信などの申込みや健康状態に関する告知がWebで行える日本初のサービスとして、2014年7月に提供を開始し、現在は18金融機関に導入されている(5月23日現在)。
また2016年6月には、書面での署名・捺印プロセスも省略した完全ペーパーレス化も実現し、従来は平均 10 営業日要していた申込み手続きを最短で即日完了にまで短縮した。
今回、自動引受査定エンジンを組み込むことで、健康状態についての告知事項について、必要項目だけにカスタマイズしたことから、告知手続きを簡単にストレスなく行えるようになったという。

団信手続きのデジタル化推進を通じ顧客利便性を追求

さらに、審査結果の連絡にこれまで平均1.5日要していたが、システムが査定ルールに基づいて引受可否を判断するため即時回答できるケースが増え、「住宅ローンが契約できるか早く知りたい」という顧客ニーズに応えるものとなるという。
なお両社は、“住宅ローンの保険”のパイオニアとして、今後も団信の手続きのデジタル化推進を通じて、顧客の利便性を追求していくとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
カーディフ生命保険株式会社 プレスリリース
https://life.cardif.co.jp/documents/121512/180523/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:カーディフ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)