メットライフ生命、新たに2つの商品付帯サービスを提供開始!

「健診・人間ドックなんでも相談室」及び「仕事とガン治療の両立サポート」が追加

平成30年5月21日、アメリカ最大の生命保険会社であるメットライフの日本法人であるメットライフ生命保険株式会社(以下「メットライフ生命」)は、同日より、従来の保険商品付帯サービスに加え、新たに「健診・人間ドックなんでも相談室」及び「仕事とガン治療の両立サポート」を追加して顧客に提供を開始しすることを発表した。
超高齢社会である日本だが、寿命が延びる一方で、平均寿命と健康寿命に10年から15年の差が今もなお存在し、日本人は退職後の長い人生における健康維持が新たな課題となっている。
メットライフ生命は、顧客が健康で豊かな老後を過ごせること、ひいては、誰もが明るい老後をイメージできるように、日本の老後のあり方を変える手伝いをしたいと考えているという。
そこでメットライフ生命は「老後を変える」取り組みの一つとして、「疾病予防」「早期発見」「治療」「治療後のケア」に至るまでの健康管理の各段階において利用可能なサービスを包括的に拡充しており、商品付帯サービスのうちの健康関連サービスが、実に11サービスを数え、多くの契約者に利用されているという。
今年3月に開設された健康情報ポータルサイト(https://www.metlife.co.jp/healthcare/)は、この一環であり、生活の中で役立つ健康関連コンテンツを提供している。同ポータルサイトからは、各種商品付帯サービスへも簡単にアクセスし、利用することが可能であり、今回提供を開始する「健診・人間ドックなんでも相談室」と「仕事とガン治療の両立サポート」もこれに含まれる。
メットライフ生命の執行役常務チーフマーケティングオフィサーの鈴木祥子は、
「今回新たに提供する『健診・人間ドックなんでも相談室』は、健康な方であっても保険のご契約直後から定期的に利用頂けるサービスとなっています。そして『仕事とガン治療の両立サポート』は、ガン治療における従来までの直接的なカラダやココロの健康サポートに加えて、今までどおりの社会生活が送れるアドバイスまでを含めた包括的なサポートを実現していきます。今後も引き続き、お客さまの老後の不安を和らげるために、幅広く健康を支援する商品サービスの拡充に努めてまいります。」
とコメントしている。

「健診・人間ドックなんでも相談室」とは

「健診・人間ドックなんでも相談室」は、被保険者及びその家族を対象とし、健診結果を有効に活用することで、発病の可能性を抑制するとともに、病気の早期発見・早期治療につなげるべく、検査後の多様な疑問や不安について医療の専門家が回答するサービスだという。
これは定期的に健康診断を受けて結果が出ても、それを活用できず放置したり、積極的に対策をとらない人が存在することが推察できる調査結果があるため。
同サービスにより、日々の生活改善指導から病気を防ぎ、所見があった場合は早期の対処で負担が少ないうちでの治療を促す。また健診結果の内容に応じて適切な二次検診先の予約手配も行うとのことだ。

「仕事とガン治療の両立サポート」とは

医療技術の進歩により、ガンは不治の病から、「長く付き合う病気」に変わりつつあり、ガン患者の3人に1人が現役世代であるという。
その中には仕事が多忙なために治療を思うように受けることができないという悩みを抱えていたり、職場での不理解及び無支援により離職してしまうケースも見受けられる。
そこで「仕事とガン治療の両立サポート」は、治療を受けつつ働き続けたいという希望をもつ被保険者に対して、職場に病気を理解してもらうための伝え方や、治療と両立する上での健康面のアドバイスなどを、看護師・臨床心理士・社会福祉士などの専門家が提供するというもの。
また、高額療養費制度をはじめとした公的支援制度があることを知らない人達への説明、制度が複雑で申請方法が不明であるといった相談にも答えるなど、患者の負担を減らし治療に専念できるようサポートするという。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
メットライフ生命 プレスリリース
http://www.metlife.co.jp/about/press/2018/pdf/180521.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:メットライフ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)