ネスレ日本とアクサ生命、健康寿命延伸と健康経営でパートナーシップ契約を締結

ネスレ日本とアクサ生命がパートナーシップ契約を締結

ネスレ日本株式会社(ネスレ)とアクサ生命保険株式会社は5月28日、「健康寿命延伸」と「健康経営」に関するパートナーシップ契約を締結したと発表した。
同パートナーシップを通じて両社は、「健康」に関する知見を相互に共有し、日本の社会的課題の解決に向けて共同で取り組んでいくとしている。
パートナーシップ契約の内容としては、一つは「健康経営」の推進があり、アクサ生命が顧客企業に提案している健康経営推進の取り組みに、ネスレが保有する「食・栄養」に関する知見を加えることで、内容のより一層の充実を図る。
また、ネスレは同取り組みを通じて、ヘルスケアサービス「ネスレ ウェルネス アンバサダー」プログラムを企業向けに提供するためのノウハウ蓄積を図る。
同プログラムは、ネスレが2017年に開始したサービスで、無料の食事分析や検査に基づき、ネスレが顧客一人ひとりに応じた健康習慣を提案する、日本で独自に開発したサービスとなり、コーヒーマシンを無料で使用でき、家庭や職場に「抹茶」や「ミルク」「スムージー」などで新しい健康習慣を提供するもの。

健康をテーマにオンラインプラットフォーム共同運営

また、「健康」をテーマとした『オンラインプラットフォーム』の共同運営を行うとし、「ネスレ ウェルネス アンバサダー」プログラムを母体とした、顧客一人ひとりに合った栄養・健康習慣の提案と、将来のリスクに備えるための情報提供を目的とした同プラットフォーム構築に向け協議を開始する。
さらに、医療や健康に関するデータ分析の専門性を有するアクサ生命の知見を活かし、プラットフォームから得られる顧客ニーズや意識に関する情報を分析し、さらに卓越した価値を提案できるような共同運営を目指す。
また、 前記取り組みなどで得られたデータの分析から、「健康意識の高い顧客」への保険商品やヘルスケアサービスの開発に向けた共同研究を進めていくとしている。
(画像はネスレ日本のHPより)


▼外部リンク
ネスレ日本株式会社 プレスリリース
https://www.nestle.co.jp/media/pressreleases/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:
その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)