アクサダイレクト、設立記念で小学1年生に交通安全目的の「オリジナル傘」を寄贈

小学1年生対象に交通安全目的のオリジナル傘を寄贈

アクサ損害保険株式会社(アクサダイレクト)は6月12日、同社設立20周年の記念事業第2弾として、主要拠点のある都市の小学1年生を主な対象に、児童の交通安全を目的としたオリジナルの傘を寄贈すると発表した。
これは、同社の企業理念である『お客さまが自信をもって、より良い人生を送れるように寄り添う』に基づくものという。
日本での設立から同日に20周年を迎える同社は、今後の20年も地域社会とともに持続的に発展していけるよう、20周年プロジェクトとしてCR(企業の社会的責任)活動をこれまで以上に展開していくとしている。
なお、第1弾のファシリティドッグ支援のチャリティラン開催に続いて、20周年プロジェクト第2弾がオリジナルの傘の寄贈となる。

視認性の高いトリコロールカラー使用など

寄贈する傘の特長は、ドライバーへの注意喚起のため、視認性の高いトリコロールカラーを使用しているほか、車のライトに光る反射材で縁取りをしている。
また、視界を遮るリスク軽減のため透明の2面を作成するほか、交通安全をいつでも忘れないため、オリジナルのイラスト入りとなっている。
なおこれは、小学1年生前後の交通事故が突出して多いことから、事故ゼロ・渋滞ゼロのクルマ社会の実現を目指すMIRAI DRIVE PROJECTの一環となり、制作に当たっては、見通しの悪い雨の日も子ども達が安全に登下校できるよう願いを込めたという。
寄贈対象は、初めて雨の日の登下校を経験する小学1年生を主とし、同社のコンタクトセンターがある高知県高知市、福井県坂井市、北海道旭川市、および本社がある東京都台東区の公立小学校に計7,100本を寄贈するとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アクサダイレクト プレスリリース
https://www.axa-direct.co.jp/company/official_info/pr/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アクサダイレクト
(記事提供:スーパー・アカデミー)