マニュライフ生命 営業職員チャネルでの新規申し込みを完全電子化

顧客満足と業務の効率化の実現

マニュライフ生命は、同社の全ての営業職員を通した保険の申し込み手続きで、タブレット端末による電子化と自動査定を、2018年7月から本格的に導入したことを発表した。これにより、顧客の負担軽減や利便性の向上、さらに業務の効率化を実現する。

契約成立までの時間の短縮にも

保険商品の申し込み過程でのタブレット端末導入は、2018年6月より一部の営業職員の間で導入を始めていたが、7月からは全ての営業職員が持つタブレット端末から、個人向け保険商品の申し込みができるようになった。
これにより、従来は書面で行われていた申し込み内容の入力から告知、支払い方法の登録、さらに署名に至るまで、申し込みに関する全ての手続きが、タブレット端末上でできるようになった。
従来は申し込みに不備があると、顧客に再度手続きをお願いすることになっていたが、タブレット端末を導入したことで、書類に不備があると先に進まないしくみとなっているため、入力ミスの防止にもつながる。
また、保険を申し込んだ時に自動で査定を行うシステムも導入した。医務査定結果は自動査定を使えばすぐに結果が分かるので、従来は申し込みから契約成立までに最短3日を要したが、システムの導入で最短翌日に契約成立が可能となった。

中期経営戦略に「デジタル」

マニュライフ生命では、2018年度から3カ年の中期経営計画のテーマとして「デジタル」を掲げている。また、これまでにも2017年1月からは、営業職員全員にタブレット端末を配布し、営業活動のペーパーレス化をはかってきた。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
マニュライフ生命 プレスリリース
https://www.manulife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:マニュライフ生命保険株式会社
(記事提供:スーパー・アカデミー)