ソニー生命と住友生命、米ドル建保険の取扱いで業務提携

住友生命がソニー生命の米ドル建保険販売で業務提携

住友生命保険相互会社とソニー生命保険株式会社は7月4日、多様化する顧客ニーズに応えることを目的として、業務提携を行うことで合意したと発表した。
長引く低金利環境の中、ソニー生命はこれまで、分散投資によるリスク軽減や安定を求める顧客に応えるため、日本円より金利が高く、世界の基軸通貨である米ドル建の保険商品を提供している。
今回の業務提携は、2019年1月を目途として、住友生命が約3万名におよぶ同社の営業職員を通じて、ソニー生命の「米ドル建終身保険」と「米ドル建養老保険」を販売するもので、これには監督当局の認可を前提としている。
両商品は、ともに保険料を円に換算して払い込みし、保険金および解約返戻金等は、米ドルか円のいずれかから選択して受け取ることができるもの。

今後もさらなる両社協力関係を構築

提携により住友生命は、個人マーケットへの深耕を図るとともに、多様化する顧客ニーズに対するスピーディで効率的な商品ラインアップの拡充を実現するとしている。
また今回の業務提携を通じてソニー生命は、こうしたニーズを持つ、より多くの顧客に保障を提供することが可能になる。
両社は、今回の取組みのほか顧客の幅広いニーズに応えるため、今後もさらなる協力関係を構築するとともに、両社の企業価値の持続的向上に寄与する検討を行っていくとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ソニー生命保険株式会社 プレスリリース
http://www.sonylife.co.jp/company/news/30/files/
「米ドル建終身保険」
http://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/pdf/
「米ドル建養老保険」
http://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/pdf/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ソニー生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)