ペットの異物誤飲を予防しよう 特設サイトを公開/アイペット

ペットの異物誤飲を予防するための情報を公開

アイペット損害保険(以下、アイペット)は、ペットの異物誤飲を予防するための情報サイト「『異物誤飲』するその前にできること」を、7月9日から公開している。
この情報はペットの病気や事故を予防する対策などを紹介する「うちの子 HAPPY PROJECT」の第2弾として公開されている。
特設サイトでは、犬と猫に分けて、飼い主への異物誤飲についてのアンケート結果や治療方法、家の中にある異物誤飲につながりやすい物や、事故を未然に防ぐための対策方法を紹介している。

飼い主の9割近くが異物誤飲を経験!

今年2月に行ったアンケート調査では、調査に協力した犬や猫の飼い主の9割近くが、ペットの異物誤飲を経験していることがわかった。また、75%近くの事故が、飼い主が目を離したすきに起きていることもわかった。誤飲しやすい物の例として多く挙がったのが、おもちゃやビニール紐、竹串などであった。
万が一、このような誤飲事故が起きてしまうと、動物病院で治療や処置が必要となるため、ペットの体にも負担をかけてしまう。同社は、ペットが本能的に何でも口にいれてしまう習性を持っていることを念頭に置いた上で、予防のための対策を行う必要があると呼びかけている。

第1弾の「骨折対策」では事故件数の減少に寄与

同社は2017年1月に、同プロジェクトの第1弾として「今すぐできる、骨折対策」を公開し、その後、イベントへのセミナーや顧客に対する電話相談などを通じて、骨折を予防するための啓蒙活動を繰り広げてきた。
その結果、2017年4月から2018年3月までの保険金請求において、骨折の請求件数を前年同期に比べて減少させることができた。
同社は、今後もペットの病気や事故を予防するための情報発信や啓蒙活動を続けていきたいとしている。
(画像は「うちの子 HAPPY PROJECT」特設サイトより)


▼外部リンク
アイペット プレスリリース
https://www.ipet-ins.com/news/0709-2.html
「うちの子 HAPPY PROJECT」特設サイト
http://www.ipet-ins.com/uchihap/goin/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アイペット
(記事提供:スーパー・アカデミー)