J.D.パワー ジャパン、2018年の自動車保険契約者満足度調査結果を発表

2018年の自動車保険契約者満足度調査結果

株式会社J.D.パワー ジャパンは7月10日、この5月にインターネットにて行った2018年の自動車保険契約者満足度調査結果(回答者数:7,780人)を発表した。
調査は、同社が自動車保険(任意保険)の契約者を対象に毎年1回行い、契約保険の内容、契約期間中の自動車事故保険金請求時の対応、各種手続きや問い合わせ時の保険会社・代理店の対応実態や満足度を明らかにするもので、今年で8回目となる。
また満足度の測定には、「契約内容/契約手続き」「価格」「保険証券」「顧客対応」「事故対応/保険金支払い」の5項目を設定し、各項目の総合満足度に対する影響度をもとに、総合満足度スコア算出(1,000ポイント満点)を行っているという。
この結果、代理店系保険会社部門の総合満足度ランキングは、「楽天損保(旧 朝日火災)」が657ポイントを獲得して第1位となり、この内容としては、「契約内容/契約手続き」「価格」「保険証券」「顧客対応(代理店)」の4項目で最高評価を得たとしている。
また、続く第2位には「AIG損保」(656ポイント)が、第3位には「東京海上日動」(644ポイント)と続いた。なお、代理店系保険会社部門の業界平均は638ポイントで、前年より+22ポイントだったとのこと。

ダイレクト系保険会社部門第1位に「ソニー損保」

一方、ダイレクト系保険会社部門では、「ソニー損保」が681ポイントを獲得して第1位となり、この内容では「契約内容/契約手続き」「顧客対応」「事故対応/保険金支払い」の3項目で最高評価となったという。
また、続く第2位には「セゾン自動車火災」(673ポイント)が、第3位には「セコム損保」(666ポイント)が続く結果となった。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
株式会社J.D.パワー ジャパン プレスリリース
http://japan.jdpower.com/ja/press-releases/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:
その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)