認知症専用保険「認知症あんしんプラン」発売へ

不安の軽減をめざし開発された新保険
東京海上日動火災保険株式会社は7月24日、新たに40歳以上の認知症患者及びその家族を対象にした保険を販売することを発表した。
これは近年の認知症患者増加を背景に、伴う諸問題の費用に対応するべく備えるもので、契約は家族が行う。また、この保険は公益社団法人認知症の人と家族の会及び一般社団法人セーフティネットリンケージとの連携のもとに開発されており、2018年10月からの販売を予定している。
認知症患者を手厚くフォロー
東京海上日動火災保険株式会社と認知症の人と家族の会は共同でアンケート調査を行っており、「認知症あんしんプラン」はそのアンケート結果をもとに顧客の不安に対応するべく開発されている。
具体的には行方不明時の捜索費用補償、個人賠償責任補償、被害者死亡時の見舞費用補償、交通事故等によるケガの補償、付帯サービス「捜索支援サービス」があげられる。
中でも徘徊などに起因する行方不明に関しては、捜索費用の負担があった場合1事故につき最大30万円の支払いがあるだけでなく、セーフティネットリンケージが提供する「捜索協力支援アプリ」を利用することにより、捜索協力者に一斉に捜索依頼をすることが出来る。
これにより早期発見・対応が可能となり、線路への入り込み等の問題が起きにくくなるよう手厚くフォローする体制が整っている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社プレスリリース
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)