AIG損保、食品等事業者に向けた衛生管理簡易診断サービスの提供を開始

HACCP手法による衛生管理簡易診断サービスを提供

AIG損害保険株式会社は8月3日、食品等事業者に向けたHACCP手法による衛生管理簡易診断サービス「HACCP-RAS(ハサップ・ラス)」の提供を開始すると発表した。
HACCPは国際的な食品衛生管理システム基準で、中小規模の事業者を含む全食品等事業者が原則として対象となるもので、日本でも今年6月成立の改正食品衛生法により、2020年にはこれに沿った衛生管理が義務付けられる予定という。
このため、中小規模事業者にとって新たな課題とされているものの、HACCP導入についての詳しい情報を把握している飲食店は多くない状況にあることから、同社はこのほど、中小規模事業者をサポートするサービス「HACCP-RAS」を提供することとした。
同サービスは、設問への回答から衛生管理の整備・運用状況を無償で簡易診断するもので、20の設問への回答内容を「衛生教育」「製造環境」「仕組みづくり」の3つの観点で点数化し、総合評価を3段階で示した報告書として作成する。

株式会社フーズデザイン加藤光夫氏の監修を受け開発

なおこれは、食品衛生管理の専門家である株式会社フーズデザインの加藤光夫氏の監修を受けて開発したもので、最短即日で診断結果を示し、現状の衛生管理状況やアドバイスなどをまとめた報告書として示される。
同社は、「ACTIVE CARE」という事業戦略コンセプトのもと、リスクコンサルティングサービスに力を入れており、このサービスを通じて中小規模の食品等事業者をサポートしていくとしている。
(画像はAIG損保HPより)


▼外部リンク
AIG損害保険株式会社 プレスリリース
https://www.aig.co.jp/sonpo/company/press/20180803
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)