ヤマダ電機、パーソナル少額短期保険株式会社を子会社化し保険事業に参入

パーソナル少額短期保険の株式を取得し子会社化

株式会社ヤマダ電機は8月8日、同日に開催した取締役会で、パーソナル少額短期保険株式会社の全株式を取得し、子会社化することを決議したと発表した。
家電専門小売業として成長している同社グループは、全国店舗ネットワークや6,000万件超の各種会員のビッグデータ分析と活用による新たなサービスを開拓し、持続的成長・発展のため、家電をコアとして生活インフラとしての「住宅まるごと提案」を行っている。
また、家電と親和性の高い住宅、リフォーム、住宅設備機器などの提案のほか、各種金融商品の提供や不動産情報の提供、カフェコーナー等が一体となった新業態店舗「家電住まいる館」の開発を継続している。
一方、パーソナル少額短期保険株式会社は、賃貸住宅入居者のリスクを総合的に補償する保険商品として賃貸住宅家財保険(保険名「賃貸保険ダイレクト」)を取り扱っていて、「賃貸住宅の戸室面積で保険料が決まる」という特徴を活かし、リーズナブルな価格など顧客目線での事業を展開してきている。

既存事業とのシナジー効果を追求

同社グループは、「住宅まるごと提案」と親和性の高い各種保険商品を開発し、顧客との一生を通じた付き合いを目指すことで「金融サービス事業」の裾野を広げ、既存事業とのシナジー効果を追求すると同時に、企業の持続的成長・発展に結び付けていくという。
なお、同社は今後、パーソナル少額短期保険について、「株式会社ヤマダ少額短期保険」への社名変更を予定している。
(画像は株式会社ヤマダ電機のHPより)


▼外部リンク
株式会社ヤマダ電機 プレスリリース
http://www.yamada-denki.jp/topics/download.t.pdf/1474
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)