アイペット 「犬の社会化のためのドッグトレーニング無料体験」サービス提供

PLAEBOWと提携し、子犬を迎えた契約者向けに

ペット保険のアイペット損害保険は8月8日、子犬を迎え入れた契約者向けのサービスとして、「犬の社会化のためのドッグトレーニング無料体験」サービスをスタートした。
これは、アイペットが犬の保育園とドッグトレーナー養成スクールを運営している、株式会社プレイボゥと提携して提供するもの。同サービスを提供するのは、2018年8月時点で、PLAYBOW稲城店、同向ヶ丘店、同中目黒店、同大阪松屋町店、ドッグケア&ペットシッターOhana、プライマリーDog training & Dog nursery、ドッグラン&カフェ MOMO、アンサンブルの各店舗。
今回提供される「犬の社会化のためのドッグトレーニング無料体験」では、生後6カ月まで、または生後1年までの子犬だけが参加することができる。トレーニングでは、プロのトレーナーから社会科に関するさまざまなことを学ぶことができるとのこと。

さまざまなことを体験させる大切な時期に

犬の生後3週齢から12週齢を社会化期といい、子犬はこの時期、人間や他の動物とのふれあいや、人間社会のさまざまなことを体験することを通じて、社会性と適応力を身につける。この時期を過ぎても社会化は可能だが、警戒心が強くなるなど、新しいことに慣れにくくなってしまうことから、この時期にどれだけ多くのことを経験させるかが重要になる。
PLAYBOWが提供する、犬の社会化のためのドッグトレーニングでは、好奇心が旺盛な子犬に、人間社会で経験するであろう、あらゆる物や音、環境などに恐怖心や警戒心を持たないように、プロのドッグトレーナーによるサポートの下で経験させる。
(画像はアイペットHPより)


▼外部リンク
アイペット損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.ipet-ins.com/news/0808.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アイペット
(記事提供:スーパー・アカデミー)