三井住友海上文化財団 「地域住民のためのコンサート」の開催地募集中

全国で30カ所程度の開催

三井住友海上火災保険株式会社は8月10日、同社の社会貢献事業の一つである、三井住友海上文化財団による2019年度の「地域住民のためのコンサート」を開催する市町村、および「文化の国際交流活動に対する助成」を希望する団体の公募を行うことを発表した。
三井住友海上文化財団は、1988年10月に設立された公益財団法人。音楽や郷土芸能の分野において、文化や芸術活動に関連する事業を実施し、文化や芸術の振興、ならびに国際交流の促進に寄与することを目的として活動している。
2019年度「地域住民のためのコンサート」は、原則として都道府県や市町村との三者による共催により、全国で30カ所程度の開催を予定している。応募の締め切りは9月28日(金)必着で、選考の上、10月中旬をめどに開催地および出演演奏家を決定する。

「文化の国際交流活動に対する助成」の助成先も10月公募開始

2019年度「文化の国際交流活動に対する助成」は、地域における文化の振興を目的として、音楽や郷土芸能の分野で有意義な国際交流活動を行う、アマチュア団体に対して助成金を贈呈しており、平成29年度末までに累計で462件、総額2億9,250万円にのぼる。
2019年度の助成は1件につき50万円で、10件程度を予定している。応募開始は10月1日(月)からで、応募締切は11月30日(金)必着となっている。2019年2月上旬ごろに助成先を決定する予定。
(画像は三井住友海上ホームページより)


▼外部リンク
三井住友海上
https://www.ms-ins.com/news
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)