国内初となるペットタレントの損害補償提供開始

ペットタレントの故意ではない損害が補償の対象
株式会社ピーリンクと東京海上日動火災保険株式会社、JLTリスク・サービス・ジャパン株式会社の3社は9月3日、ペットタレントが故意なく発生させてしまった損害を補償するサービスを提供開始したと発表した。
この「anicas補償サービス」は、ペットタレントによる撮影現場の汚損や備品の破損といった故意ではないが発生してしまった損害に対する賠償を補償しており、ペットタレントを対象とした補償サービスは国内で初。補償の対象は株式会社ピーリンクのキャスティングしたすべてのペットタレントとなる。
ペットタレントの需要が拡がったことが開発のきっかけ
国内最大級のペットタレント事務所や、ペット専用モニターサービスを手がける株式会社ピーリンクは、事業の拡大とともに撮影現場での幅広いリスクを実感。
また、粗相をしたり急に動くことで備品を汚損したり、人間の共演者に傷を負わせてしまうといった想定しうるリスクに対してペットオーナーが深く意識して気遣っている点を苦慮し、今回の補償提供に踏み切った。
株式会社ピーリンクはペットたちをコントロールしきれない不意の事態にも補償対応することにより、ペットオーナーとクライアント双方のニーズを満たしていきたいとし、東京海上日動火災保険株式会社は顧客の「いざ」に備え安心・安全を提供していきたいと意欲的。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
株式会社ピーリンク「anicas」ニュースリリース
https://anicas.jp/anicashoken/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)