チューリッヒ生命、テニス大会でがん対策推進

「東レ パン パシフィック オープンテニス2018」

チューリッヒ生命は9月6日、9月15日から開催される日本国内で最大の女子プロテニス大会をオフィシャルスポンサーとしてサポートし、がん対策推進の企画を実施すると発表した。
「がん対策推進企業アクション」は厚生労働省が推進するプロジェクトで、企業が中心となってがん検診率の向上を図る。チューリッヒ生命は参加企業でがん保険を主力商品としており、がんの知識を高め検診を呼びかけるための積極的な取り組みを実施している。
同社は大会の期間中、乳がんの早期発見や治療を目指す「ピンクリボン活動」を支援する。乳がんに関する情報やセルフチェックに利用できるシートを配り、マンモグラフィ装置を搭載した車では乳がん検診を行う。

特別フォトスポットを設置、ステキなプレゼントも

9月23日までの大会期間中、チューリッヒ生命は同社のブースにおいて、「がん検診のススメ」第3版を配布し、来場者にがんをもっとよく知り、がんと向き合うきっかけを提供する。
また、特別フォトスポットを設置して、観客の思い出作りを支援する。大会で撮影した写真をSNSでシェアすると、先着500名にプレゼントが提供されるとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
チューリッヒ生命 リリース
https://www.zurichlife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:チューリッヒ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)