三井住友海上、社員食堂でプラ製ストロー使用廃止

サステナブルな社会の構築に向けた社内の意識改革

三井住友海上火災保険株式会社(以下「三井住友海上」)は9月20日、 自社の社員食堂などにおけるプラスチック製のストローやカップの使用を廃止すると発表した。
昨今、使用済みのプラスチックによる海洋汚染の実態が、世界を驚かせている。海洋汚染の急速な拡大や漂着ごみの増加が世界的に深刻な環境問題として注目され、企業にもさまざまな影響を与えている。
三井住友海上はこうした社会的な課題に向き合い、企業としての社会的な責任を果たすことの重要性を認識し、サステナビリティに対する社員の意識改革を促すことを含めて、プラスチック製品の使用量削減の取り組みを開始した。

関東の社員食堂などから始め、運動を広げる

具体的には、三井住友海上の駿河台ビル、東京住友ツインビルディングなどの社員食堂や喫茶室において、プラスチック製のストローやカップの代わりに、紙のストローやコップの使用を開始する。
さらに今後、コップのふたも紙製に切り替えるとともに、取り組みをグループ内で発展させていく。
三井住友海上は国連が2015年に策定した持続可能な開発目標を道しるべとして、社会との共通価値の創造に取り組んでいく方針だ。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
三井住友海上 リリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2018/pdf/0920_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)