住友生命とアクサ生命が業務提携で基本合意

介護関連サービスの共同開発・共同利用で

住友生命保険相互会社とアクサ生命保険株式会社は2018年10月3日、「介護関連サービスの共同開発および共同利用」に基本合意したことを発表した。
これは、住友生命とアクサ生命が、「介護関連サービスの共同開発および共同利用」、「介護関連サービス事業者と資本提携」、「協働プロジェクトチームの設置による、協業体制の構築」などにおいて業務提携を行うというもの。

両社の知見やノウハウを活用し、社会的課題の解決へ

高齢化の進展に伴い、要介護者・要支援者の認定者数が年々増加増加傾向であり、今後も継続した介護需要の増加見込まれていること、その一方で介護関連サービスのニーズが多様化・複雑化していることなどを踏まえ、両社が培ってきた知見やノウハウを活用し、介護分野における社会的課題の解決に積極的に取り組んでいくことを目的としている。
さらに両社は、顧客が安心して日々の生活を過ごしていけるよう、介護関連ニーズに包括的に対応する、より良いサービスプラットフォームを協働で構築していくことを目指していくとしている。また、介護関連サービスは、まず一部エリアで先行してサービスを提供し、利用状況などを踏まえた上で、適宜サービス向上を行うとともに、順次エリアを拡大していくとのこと。
(画像は住友生命HPより)


▼外部リンク
住友生命保険相互会社、アクサ生命保険株式会社のプレスリリース
http://www.sumitomolife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:住友生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)