大同生命、障がい者アスリートを「アラジン」に招待

平成27年からの招待者数が、合計13団体300名に

T&D保険グループの大同生命保険株式会社(以下「大同生命」)は10月31日、今年も障がい者アスリートとその家族を劇団四季のミュージカル「アラジン」に招待、のべ招待者数が300人になったと発表した。
このミュージカルは、主人公たちが新しい世界を目指して困難を乗り越えて挑戦する姿を描いたストーリーで、大同生命は公演を特別協賛している。平成27年7月からスポーツに取り組む障がい者とその家族の招待を開始し、このほどその合計が13団体300名に達した。
劇団四季のミュージカル「アラジン」は平成27年5月に開幕し、観客者数は既に120万人を突破。公演は東京都港区にある大同生命ミュージカルシアターで行っている。

四半世紀にわたる支援、平成29年には文部科学大臣賞も

大同生命は「全国障がい者スポーツ大会」の特別協賛などで、障がい者スポーツの支援に四半世紀にわたって取り組んできた。
平成29年にはこれまでの実績が評価され、創設された「障がい者の生涯学習支援活動」に係わる文部科学大臣賞も受賞した。
大同生命は今後も様々な活動を通じて、障がい者スポーツのより一層の普及と発展に貢献していく方針だ。
(画像は大同生命公式ホームページより)


▼外部リンク
大同生命 リリース
https://www.daido-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)