第一生命、岡山県と包括連携協定を締結

県民の健康増進やスポーツ振興等による地域活性化に貢献
第一生命保険株式会社は11月2日、岡山県と地域の活性化等を目的として包括連携協定を締結したことを発表した。
同社は岡山県と2017年3月に「災害時及び平常時における防災活動への協力に関する協定」を締結しており、これまでも災害時における人的、物的支援や平常時における防災対策普及活動に取り組んできた。
今回の包括連携協定締結では新たに福祉及び健康の向上に関することや地域や暮らしの安全・安心に関すること等、8項目が連携分野に追加され、これまでよりさらに大きく協働が実現する。
47都道府県と連携が実現
第一生命は全国47都道府県に約1,300の営業拠点を有し、約6万名の社員が在籍している。このネットワークを基盤に、グループ会社も含めて全国47都道府県と連携協定等を結んでいる。
連携協定はがん啓発をはじめ、高齢者見守り活動、女性活躍推進、子育て推進、警察との防犯・交通安全見守りと多岐にわたり、地域の課題解決に貢献している。
同社は今後も「県民サービスの向上」と「地域の活性化」を目指していくと意欲的。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
第一生命保険株式会社ニュースリリース
http://www.dai-ichi-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)