オリックス生命 無償の「重症化・再発予防カウンセリングサービス」提供開始

業界初、スタッフが無償で生活習慣改善をサポート

オリックス生命保険株式会社は2018年11月1日より、心筋梗塞や脳梗塞などの重症化や再発リスクを低減するための、「重症化・再発予防カウンセリングサービス」を開始する。
これは、心筋梗塞や脳梗塞などを罹患し、入院・手術給付金などの支払いを受けた人を対象として、生活習慣の改善を継続的に無償でサポートする提供されるサービスで、業界では初の試みとなる。

データに基づいたアドバイスを行う有償サービスも用意

オリックス生命は、生命保険会社として、入院治療などが必要な疾病を罹患した顧客に給付金を支払うだけではなく、治療後の生活をサポートすることを使命であると認識し、既に2015年10月から、保健師や看護師などの資格を持つスタッフに健康相談を行うことができる、「24時間電話健康相談サービス」を提供している。
これに加えて今回、同様の資格を持つスタッフによる電話対応で、被保険者のり還暦や手術後の経過などを詳細に確認した上で、個々の状況に応じた食事や運動、生活習慣の改善などを提案するサービスの提供を開始する。
さらに希望者には、専用の計測機器を用い、日常の運動量などをスマートフォンアプリやウェブサイト上で可視化し、それらのデータに基づいたアドバイスを行う有償サービスを用意するとのこと。
(画像はオリックス生命HPより)


▼外部リンク
オリックス生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.orixlife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:オリックス生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)