【意識調査】「節約意識と行動」に関するアンケートを実施 SBIいきいき少短

最も節約意識が高いのは「女性・60歳以上」

SBIいきいき少額短期保険株式会社が11月9日に発表した、「節約意識と行動」に関するアンケート調査から、最も節約意識が高いのは60歳以上の女性であることが明らかになった。
これは、全国の30歳以上の男女、年代別に100名ずつを対象として、インターネットリサーチにより2018年8月10日から同15日にかけて実施したアンケート調査で、計881名から有効回答を得たもの。

最も節約意識が低いのは「男性・40~49歳」

「あなたの節約に対する意識と、実際に節約に向けて行動したか」という質問に対し、全体の63.8パーセントが節約式を持って節約行動を実践していたことが明らかになった。
この結果を性別で比較すると、男性のほうが女性よりも低くなっている。さらに年代別で見ると、最も節約意識があり、節約行動を行っていたのは、女性の60歳以上で74.8パーセント、最も低いのは男性の40~49歳で50.0パーセントだった。しかし、30~39歳のグループでは、男性の63.1パーセントが女性の60.4パーセントよりも若干上回っていることが興味深い。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
SBIいきいき少額短期保険株式会社のプレスリリース
https://www.i-sedai.com/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)