あいおいニッセイ同和損保、全国商工会連合会と連携協定締結

労務リスク対策支援を地方だけでなく全国へ
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は11月22日、全国商工会連合会と連携協定を締結したことを発表した。
今回の連携協定にはお互いにそれぞれが有する機能・人材・ノウハウ・情報等を最大限に活用して小規模事業者等の労務リスク対策の支援に協力していくことが盛り込まれており、締結は2018年11月21日に行われた。
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社はこれまでも「地域密着」を行動指針に掲げ、全国201の地方公共団体と地方創生に関する協定を締結しており、地域社会・地域企業に対し支援活動を行ってきた。
今回の連携協定ではお互いが協働し労務リスク対策支援を全国へ展開することで、会員事業者の労使間トラブル防止や経営の安定化につなげたいとのこと。
働き方改革関連法案を背景に
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は今回の協定締結の背景として2018年6月に可決・成立した「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」をあげている。
この法案に伴い、長時間労働の是正や多様で柔軟な働き方の実現等に向けた施策が政府主導で進められている一方、労働トラブルに関する相談受付は年間で100万件を超え、中小企業・小規模事業者においても長時間労働の是正、同一労働・同一賃金への実務対応のほか、雇用にかかわる労務トラブル及び労務リスクへの対策が急務である。
そのため、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は今回の協定締結を通じて商工会会員事業者のリスクに備える保険知識やノウハウを伝える研修等の実施や、労務リスク対策のみに留まることのない幅広いサービス力の向上に取り組むと意欲的。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)