あいおいニッセイ同和損保、ドイツ誌自動車メーカーブランド保険のディーラー満足度1位に

独誌自動車メーカーブランド保険ディーラー満足度1位に

あいおいニッセイ同和損保株式会社は11月22日、欧州子会社の「欧州あいおいニッセイ同和(ADE)」社とToyota Insurance Management(TIM)のドイツ支店が現地で運営するトヨタ保険が、Autohausが行う自動車メーカーブランド保険のディーラー満足度調査で、2018年度総合1位となったと発表した。
また同社の受賞は、6年連続の8度目となり、この10月22日に受賞したとのこと。
Autohausは、1957年創刊のドイツ最大の自動車・ディーラー業界誌で、この満足度調査は2009年度から毎年行われ、調査を通じて自動車ディーラーと保険パートナー(保険引受会社等)との関係をより強化することで、顧客サービス向上に繋げることが目的という。
今年度の調査は、マーケットリサーチ会社がこの9月から10月にかけて実施し、自社ブランド自動車保険を有するメーカーの821ディーラーを対象に、自動車保険商品や顧客サービスなど8分野・29項目について電話による聞き取り調査が行われた。
また表彰は、メーカーが販売している18ブランドの保険が対象となり、国産車/輸入車と各車格での4部門に分類されている。

現地トヨタ保険が29項目中23項目で1位に

この結果、ADEとTIMが運営する現地トヨタ保険が、29項目のうち23項目で1位となり、「大規模輸入車」部門および「総合部門」でも1位を獲得したとのこと。
なお、とりわけ高評価を受けた項目は、「現地セールススタッフの知識・能力」、「顧客からの苦情・クレームの少なさ」、「商品内容・料金体系の柔軟性」等だったとしている。
(画像はあいおいニッセイ同和損保株式会社HPより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損保株式会社 プレスリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/corporate/about/news/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)