「みんなにやさしい終身保険」新たに4金融機関で販売開始

新たな販売期間を加え全10金融機関で販売
T&Dフィナンシャル生命保険株式会社は11月26日、自社の無配当終身保険「みんなにやさしい終身保険」を新たに4金融機関で販売開始することを発表した。
販売する金融機関は株式会社熊本銀行、株式会社親和銀行、株式会社中京銀行、株式会社福岡銀行の4行で、販売開始日は平成30年12月3日となる。
「みんなにやさしい終身保険」は、医師の診査や健康状態の告知なしで、最高95歳まで加入可能(通貨分散コースのみ)な一時払い終身保険であり、今回の4行を加えて平成30年12月3日時点で販売金融機関数は10金融機関にのぼる。
死亡保険をふやし万一に備える
T&Dフィナンシャル生命保険株式会社の「みんなにやさしい終身保険」には選択できる2つのコースがある。
円貨コースは健康状態の告知不要、職業告知のみで最高80歳まで加入可能であり、何より死亡保険金額が増加することが大きな特徴といえる。また契約時に将来の死亡保険金額と解約払戻金額が円で確定するため、リスクなく万一に備えることができる。
反面、通貨分散コースは健康告知不要で最高95歳まで加入可能であり、円貨と外貨を組み合わせて一時払いするため、為替変動を抑制しつつふやすことも期待でき、結果死亡保険金額の増加も期待できる。
T&Dフィナンシャル生命保険株式会社は今後も顧客に満足してもらえる商品・サービスの提供に努めるとのこと。
(画像はT&Dフィナンシャル生命保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
T&Dフィナンシャル生命保険株式会社ニュースリリース
http://www.tdf-life.co.jp/newsrelease/pdf/201811261.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)