マスミューチュアル生命も1月から社名変更

5月末に日本生命との経営統合を完了、変更は予定通り

マスミューチュアル生命保険株式会社(以下「マスミューチュアル生命」)は11月29日、予定通りに2019年1月1日から社名を変更すると発表した。
マスミューチュアル生命は1907年に横浜生命保険株式会社として設立され、2001年に米国マスミューチュアルグループの一員となった。今年3月からはニッセイグループに加わり、5月31日に社名変更を発表していた。
新社名は「ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社」。ウェルス(Wealth)という言葉に家族や絆というイメージを重ね、顧客に寄り添って安心を届け、それぞれの想いに真摯に向き合いたいという気持ちを込めている。

顧客に質の高い金融サービスを提供し、さらなる成長へ

日本生命は超低金利下での収益力向上やグループ事業の着実な収益拡大を目指して、2015年11月に三井生命を、続いて今年マスミューチュアル生命を統合した。
同じニッセイグループの三井生命も、来年4月から社名を変更して「大樹生命」としての新スタートを切る。
マスミューチュアル生命も新社名のもとで質の高い金融サービスを提供し、さらなる成長を目指す方針だ。
(画像はマスミューチュアル生命公式ホームページより)


▼外部リンク
マスミューチュアル生命 リリース
https://www.massmutual.co.jp/about/news/pdf/n181129.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:マスミューチュアル生命保険株式会社
(記事提供:スーパー・アカデミー)