八十二銀行にて「みんなにやさしい終身保険」の販売開始

取り扱い金融機関数は15機関へ
T&Dフィナンシャル生命保険株式会社は1月17日、本店を長野県におく株式会社八十二銀行にて無配当終身保険(死亡保険金額増加・I型)~販売名称「みんなにやさしい終身保険」の販売を開始することを発表した。
販売開始は2019年1月21日。今回の販売開始に伴い、T&Dフィナンシャル生命保険株式会社の無配当終身保険(死亡保険金額増加・I型)を取り扱う金融機関は15金融機関となる。
「みんなにやさしい終身保険」は、円貨コースと通貨分散コースとがあり、通貨分散コースであれば医師の診査や健康状態の告知なしで最高95歳まで加入可能となる。円貨コースであっても最高80歳まで加入可能となるので、幅広い年齢の顧客が死亡保障を確保することができる。
選べるふたつのコースで大きな保証を
T&Dフィナンシャル生命保険株式会社の「みんなにやさしい終身保険」は、円貨コースと通貨分散コースのふたつから選択することができる。
円貨コースは契約時に将来の死亡保険金額と解約払戻金額を円で確定するコースとなり、契約当初から一時払い保険料を上回ることが可能。さらに契約から5年後、10年後にも死亡保険金額が増加するチャンスがある。
対して通貨分散コースは、円貨だけでなく金利の高い外貨(米ドルまたは豪ドル)を一定割合組み入れ、通貨分散することで為替変動の影響を抑制しつつ、死亡保障を増やすことが期待できる。
T&Dフィナンシャル生命保険株式会社は、今後も顧客に満足してもらえる商品・サービスの提供に努めると意欲的である。
(画像はT&Dフィナンシャル生命保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
T&Dフィナンシャル生命保険株式会社ニュースリリース
http://www.tdf-life.co.jp/newsrelease/pdf/20190117.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)