三井生命、フラット外貨終身を販売開始

指定通貨は米ドル・豪ドルのいずれか
三井生命保険株式会社は1月28日、株式会社愛媛銀行にて無配当低解約返戻金型外貨建て終身保険(予定利率毎月更改型)「フラット外貨終身」を販売開始することを発表した。
「フラット外貨終身」は外貨建てで一生涯の保障と資産形成を希望している人に最適な商品で、指定通貨はアメリカ合衆国通貨またはオーストラリア連邦通貨を選択できる。
保険料は契約時にレート固定された円換算式にあてはめ毎回一定額を円で支払う形となり、この仕組みは業界初となる。
この固定円建保険料のおかげで計画的に「保障と資産形成」を準備することができ、教育資金やゆとりあるセカンドライフの備え等さまざまに活用しやすい商品となっている。株式会社愛媛銀行での取り扱いは同日2019年1月28日からとなる。
顧客の「これから」のために
「フラット外貨終身」は2018年5月より販売を開始した商品。これまでは三井住友信託銀行のみの取り扱いであったが、顧客に好評であったため今回新たに株式会社愛媛銀行での取り扱いを開始した。
三井生命保険株式会社は今後もこのように顧客のニーズにきめ細かく応えていくことはもちろん、取扱商品や取り扱い金融機関の拡充に努めていきたいと意欲的である。
(画像は三井生命保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
三井生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.mitsui-seimei.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)