SBI損保、テレマティクスサービス提供に向け実証実験開始

運転行動データを分析

SBI損保とSB C&S株式会社は1月28日、運転行動データ分析の実証実験を今年2月から実施すると発表した。これにより、テレマティクス保険などドライバーをサポートする各種テレマティクスサービスを開発し提供しようとの考えだ。
EUで義務化された自動eCall対応IoTデバイスを活用
今回の実証実験では、自動緊急通報サービス(自動eCall)対応デバイスから収集された運転行動データの分析が行われる。この自動eCallは、EU域内では昨年3月末より全ての新車に装備が義務付けられているという。
実証実験の対象者はSBIグループの関係者だ。実験には、ボッシュ株式会社が販売する「自動eCall」対応デバイス「テレマティクスeCall プラグ」と、ソフトバンク・テクノロジーのプラットフォームサービス「IoT Core Connect」が用いられる。
「テレマティクスeCall プラグ」は、ハンドル操作などの運転行動データだけでなく、衝突事故も検知できる。また「IoT Core Connect」はデータ収集から分析まで行うことができるという。
同社は、この実証実験から収集したデータを解析して、ドライバー向けの画期的なサービスの開発を吟味するとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
プレスリリース
https://www.sbisonpo.co.jp/2019/0128.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBI損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)