フコク生命、京都府警と特殊詐欺被害防止で連携

「振り込め詐欺」に対する注意喚起を様々な形で

富国生命保険相互会社(以下「フコク生命」)は1月30日、同社の京都支社が京都府警察本部から特殊詐欺被害抑止におけるモデル事業 所の指定を受けるなどの協定の締結を発表した。
フコク生命では、近年社会問題となっている「振り込め詐欺(特殊詐欺)」の被害防止に協力するため、2015年度より各都道府県の警察と連携し、啓発活動に取り組んできた。防犯に関する広報チラシ、ポスターやポケットティッシュの作成なども積極的に行っている。
同社は京都府警本部との協定書調印に併せて、京都支社の営業職員が特殊詐欺被害防止に関する研修を受講し、「振り込め詐欺被害防止アドバイサー」となって防犯活動に協力していく。

営業職員を社内認定、面談する高齢客の注意を喚起

フコク生命では、各都道府県の警察本部や警察署が実施する同様の研修を受講した営業職員を、「振り込め詐欺被害防止アドバイサー」として社内認定している。
日頃の営業活動の中で職員が面談する高齢の顧客に対して特殊詐欺への注意を喚起することで、被害防止に協力する。
フコク生命は今後も、安心して住める地域づくりに貢献していく方針だ。
(画像はフコク生命公式ホームページより)


▼外部リンク
フコク生命 リリース
https://www.fukoku-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:フコク生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)