スマホ向け無料アプリ「ご契約者アプリ」をリニューアル、事故連絡をスムーズに

GPS位置情報をソニー損保に送信

ソニー損害保険株式会社は2019年2月4日、「ご契約者アプリ」をリニューアルし、事故連絡機能を追加したことを発表した。
これは、スマートフォン向け契約者を対象として提供している、無料アプリ。事故現場のGPS位置情報をソニー損保に送信し、すぐに事故受付担当のオペレーターと通話ができるようにした事故連絡機能が、今回新たに追加した。

位置情報と契約情報を確認しながら迅速に対応

同機能を利用するには、契約者はあらかじめ、初期設定画面から、登録番号(車のナンバー)や氏名、電話番号の三つの情報を登録しておく必要がある。
事故発生後、加入者がスマホから「ご契約者アプリ」を起動し、「事故」ボタンをタップすると、GPSにより取得された座標を元に、地図上に現在地が表示される。確認の上、「ここが事故場所」をタップすることで、位置を確定する。
その後、「電話する」をタップすると、位置情報および契約情報がソニー損保へ送信され、同社のオペレーターはそれらの情報を確認しながら事故受付を行う。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ソニー損害保険株式会社のプレスリリース
https://from.sonysonpo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ソニー損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)