メットライフ生命、健康増進でDeNAと業務提携

平均寿命と健康寿命の差は介護などが必要な期間

メットライフ生命保険株式会社(以下「メットライフ生命」)は2月5日、株式会社ディー・エヌ・エー(以下「DeNA」)と業務提携をおこなうことで合意したと発表した。
人生100年時代の到来を迎え、平均寿命と健康寿命の差は介護などを必要とする期間だとされている。この差を縮めることが社会保障費の抑制につながると言われ、企業は従業員などの健康増進に努めることが求められている。
DeNAのヘルスケア事業では、病気になってから治す「シックケア」ではなく、病気を未然に防ぐ「ヘルスケア」を推奨し、健康寿命延伸を目的とする様々なサービスを展開している。
メットライフ生命は業務提携によって、健康維持・増進をサポートする保険やサービスの開発を進めていく。

健康増進型の商品・サービスの企画から提供まで

両社は今後、企業向けに従業員の健康増進に資する総括的な保険商品・サービスを開発する。
またDeNAのノウハウを活かして、顧客が楽しみながら健康意識を高める助けとなるデジタルサービスも提供。
さらにメットライフ生命とDeNAは、新たな生命保険の提案手法を検討していく予定だ。
(画像はメットライフ生命公式ホームページより)


▼外部リンク
メットライフ生命 リリース
http://www.metlife.co.jp/about/press/2019/pdf/190205.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:メットライフ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)