オープンイノベーションビジネスコンテスト、結果発表

イスラエル企業が最優秀賞受賞
三井住友海上火災保険株式会社は1月31日、株式会社NTTデータとともに開催している「Grow Together」×「豊洲の港から」presents オープンイノベーションビジネスコンテストの本選実施およびその結果を発表した。
三井住友海上火災保険株式会社と株式会社NTTデータはそれぞれオープンイノベーションの推進を目的に独自にイベントやフォーラムを開催しており、今回のコンテストはその活動の一環として共同で開催したもの。
2019年1月8日に実施された本選では、ビジネスプランやシナジー、成長性等の観点から審査が行われた。
最優秀賞はイスラエルのスタートアップ企業Otonomo Technologies, Inc.が選ばれ、他に三井住友海上賞が2社選出された。三井住友海上火災保険株式会社は今後、受賞企業とともに応募提案された内容の具体的な実現に向けて協業の検討を開始するとのこと。
損保業界のイノベーション創出を目指して
三井住友海上火災保険株式会社は今回のコンテストを通じて損害保険のイノベーション創出に向けた取り組みを進めるだけでなく、新たな商品やサービスの開発、ビジネスモデルの実現といったさまざまな変革に取り組んでいきたいと意欲的である。
特に、株式会社NTTデータが開催するオープンイノベーションフォーラム「豊洲の港から」等を通じて、株式会社NTTデータとともに最先端の技術とアイデアを持つ世界のベンチャー企業とのイノベーションを実現していきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社ニュースリリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2018/pdf/0131_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)