ニッセイ・ウェルス生命、NKメディカを販売開始

人生100年時代を見越して
ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社は2月1日、自社の外貨建て一時払い終身医療保険NKメディカの販売を開始したことを発表した。募集代理店はSMBC日興証券株式会社で、販売開始は2019年2月1日となる。
ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社のNKメディカは、医師の診査が不要で簡単な告知のみで申込可能となることが特徴的。
この先の人生100年時代を見越して、健康に活動できる期間(健康寿命)の維持や、高齢になった際の医療費等に関する経済的負担への不安といった現代日本が抱える重要な課題の解消を目的として開発された。
NKメディカはこういった高齢者の抱える病気やケガによる入院・治療のリスク、入院の長期化による経済的な負担の増加に備えることが可能である。
一生涯続く保障
ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社のNKメディカは、米ドルもしくは豪ドルを指定通貨として選択し支払うことで、その後一時払い保険料相当額の死亡保障を確保しながら、病気やケガへの備えを一生涯続けることができる。
また、給付金は指定通貨にかかわらず円で受け取ることが可能で、入院等により給付金を受け取った場合でも、死亡保険金額が減少することはない。
ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社はNKメディカだけでなく今後も多様化する顧客ニーズにきめ細かく応えるべく商品・サービスを提供していくとのこと。
(画像はニッセイ・ウェルス生命保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.nw-life.co.jp/news/release/pdf/n190201.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)