第一生命、新商品の販売件数が5万件を突破

ALSOKサービスも好評
第一生命保険株式会社は2月15日、自社のかんたん告知「認知症保険」の販売件数が5万件を突破したことを発表した。
「認知症保険」は2018年12月18日に発売を開始した商品で、認知症に特化した保障を手頃な保険料で用意することができる。
申し込み対象は4問ある告知項目ですべてが「いいえ」に該当する人となり、そのため、かんたんな告知のみで健康状態に多少不安があっても加入しやすく、認知症による介護費用の負担に一時金で備えることができると好評とのこと。
また、綜合警備保障株式会社(ALSOK)と共同開発したサービスも人気の一つである。
安心をサポートするために
第一生命保険株式会社は「認知症保険」の販売に際してアンケートを実施しており、その結果、認知症に関する心配事として最も多いのは「家族に迷惑をかけること」であった。
その結果をうけて「認知症保険」では単に金銭的な保障だけではなく、「本人と家族に寄り添う安心サポート」の提供に力を入れている。
綜合警備保障株式会社(ALSOK)と共同開発した「代わりに訪問サービス」はその中でも特に好評であり、専門の警備機器等を使用することなく緊急時に家族からの電話依頼をうけてALSOKガードマンが代わりに自宅等を訪問してくれるという生命保険業界初のサービス内容となっている。
他にも認知症予防や早期発見のきっかけとなる機能を持つ「健康第一」認知症予防アプリの提供等、顧客からの関心の高い分野に特に注力したサービスを行っているとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
第一生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.dai-ichi-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)