アクサ生命と岐阜県、「『健康経営』推進等に関する連携協定」締結

健康経営の推進に向け、相互連携・協力へ

アクサ生命保険株式会社は、2019年2月27日に岐阜県との間で、「『健康経営』推進等に関する連携協定」を締結し、企業および団体等における健康経営の推進などを目指し、相互連携・協力して取り組んでいくことを発表した。
これはアクサ生命と岐阜県が、「清流の国ぎふ健康経営推進事業」の登録制度をはじめとする、県の健康増進施策の普及推進などにおいて緊密に連携・協力し、企業や団体における健康づくりの取り組みを促進することで、県民の活躍を支える健康づくりに寄与することを目的として締結されたもの。

岐阜県民の健やかな生活と地域の発展に

連携・協力事項としては、「企業及び団体等における健康経営の推進に関すること」、「健診(検診)受診の促進等に関すること」、「がん対策に関すること」、「その他、健康づくりの推進に資すること」の4点。
同協定に基づいて、今後は保険事業や健康経営推進、企業として社会的責任を果たす取り組みなどを通じて培った知見や人的ネットワークを岐阜県の各種施策に役立てることを通じ、岐阜県民の健やかな生活と地域の発展に取り組んでいくとしている。
(画像はアクサ生命HPより)


▼外部リンク
アクサ生命保険株式会社のプレスリリース
http://www2.axa.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アクサ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)