楽天生命、声紋認証システムの導入へ

生命保険業界初のシステム
楽天生命保険株式会社は3月1日、代理店専用コールセンターの本人確認手段として声紋認証システムを導入したことを発表した。
こういった声紋認証のシステム導入は2019年2月時点で生命保険業界初となる。
声紋とは個々人の声が持つその人独自の特徴点を抽出したものであり、声紋を利用した認証は固有の生体情報になるため確実な本人確認を行うことが出来る。
楽天生命保険株式会社では、初回の登録時にパスワードとなるフレーズを登録し、次回以降はそのフレーズを発話することで、本人確認を行う。
テクノロジーを組み合わせたサービスを
楽天生命保険株式会社は2018年12月に音声認識アプリを活用した保険申込、2019年1月からは対面チャネルでのタブレット申込を開始するなど、テクノロジーと保険サービスを融合させたサービスの開発や質向上に向けた取り組みを実行してきた。
今回導入する声紋認証システムもそのひとつであり、本人確認手段に顧客一人一人の固有情報である声紋を使用することで、より安全なセキュリティ対策を顧客へ提供していく。
楽天生命保険株式会社は今後も最先端の技術を積極的に活用することで顧客の利便性向上とサービスの質向上を実現し、ネクストステージへと歩みを力強く進めてまいきたいと意欲的である。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
楽天生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.rakuten-life.co.jp/pdf/news/20190301.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)