三井生命、『大樹記念日~ALL GREEN DAY~』制定

新たな大樹への思いをこめて
三井生命保険株式会社は3月5日、自社の創立記念日である3月5日を『大樹記念日~ALL GREEN DAY~』として制定したことを発表した。
三井生命保険株式会社は2019年4月1日より社名を大樹生命保険株式会社と変更し、新しいスタートを迎えることを発表している。記念日の制定は新社名となるにあたり、社内の一体感を醸成すること、また新社名の認知向上・定着化を図ることを目的としている。
特に新社名の「大樹」には、しっかりと大地に根を張り、晴れの日も雨の日もしっかりと顧客を守り、多くの人が集まってくる保険会社を目指そうという思いがこめられている。
三井生命保険株式会社では大樹記念日の制定をもってこれまで三井生命保険株式会社を信頼し契約してくれた多くの顧客とのつながりを今後もさらに大切にしていきたいという思いを体現していきたいと意欲的である。
緑色のものを身につけて
三井生命保険株式会社は、大樹記念日に際して役職員全員が協力して取り組みを行った。
ひとつめが大樹記念日の当日に自社のコーポレートカラーである緑色にちなんだものを身に着けることであり、ふたつめが部署ごとの写真撮影である。写真は後日集めて「大樹」の形に編集・共有する予定。
三井生命保険株式会社はこのような取り組み、また大樹記念日の話題をきっかけとした顧客とのコミュニケーションを通じ、新社名の認知向上・定着化を図っていきたいとのこと。
(画像は三井生命保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
三井生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.mitsui-seimei.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)