ジェイアイ傷害火災 「住宅購入と火災保険」に関するアンケート結果を発表

火災保険に求めるのは「保険料の安さ」と「充実した補償」

必要な補償を自由に選択することができる、インターネット専用ダイレクト火災保険「iehoいえほ」を販売する、ジェイアイ傷害火災保険株式会社は3月13日、「住宅購入と火災保険」に関するアンケート調査の結果を発表した。
これは2019年1月8日から同10日に、住宅購入経験者を対象としてインターネット調査として実施されたもので、1,026件の有効回答を得た。それによると、多くの人が火災保険に求めるのは「保険料の安さ」と「充実した補償」だった。

住宅購入時に、6割以上が注意したのは「地震」

まず「住宅購入にあたって注意した自然災害」について質問したところ、最も多かったのは「地震」(63.3パーセント)で、他の災害を大きく引き離している。2位以降には「台風」(39.4パーセント)、「大雨」(29.1パーセント)、「洪水」(20.8パーセント)などが続いている。
また「火災保険加入にあたって重視したこと」では、「保険料の安さ」(38.4パーセント)と「補償の充実度」(36.2パーセント)が、3位以降の「保険会社のブランド」(25.4パーセント)、「安心感」(19.6パーセント)などに差をつけている。
(画像はジェイアイ傷害火災HPより)
出典:「住宅購入と火災保険」に関するアンケート調査結果(ジェイアイ傷害火災保険調べ)
https://www.jihoken.co.jp/ieho/survey/


▼外部リンク
ジェイアイ傷害火災保険株式会社のプレスリリース
https://www.jihoken.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ジェイアイ傷害火災
(記事提供:スーパー・アカデミー)