第一生命、国内大手生保初、最先端の資産運用システムを導入

「BlackRock Aladdin」を導入で攻めの運用を強化
第一生命保険株式会社は2019年3月20日、資産運用システム「BlackRock Aladdin」を導入することを発表した。
この最先端の資産運用システムを導入することで、資産運用業務の高度化と効率化を実現し、新規の投資分野・投資手法への取り組みを加速させていくとのこと。同システムを導入するのは、国内大手生保としては初。
1988年に設立されたBlackRock社は、世界25都市に運用拠点を有する世界最大の資産運用会社。今回導入されるAladdinはBlackRock社が使用しているもので、ポートフォリオ分析の高度化や、有価証券取引に係るプロセスを自動化するもの。

高度な分析機能とファンドマネジャーを支援する機能

同システムは、高度な分析機能はもちろん、ポートフォリオの状況を資産横断的かつリアルタイムに把握するなど、ファンドマネジャーを支援する機能なども豊富に有している。同システムを用いることにより、投資分野および手法の拡大や、機動的な運用を通じて運用収益の向上が期待できる。
さらに同システムを活用した業務効率化を通じて時間が捻出され、より付加価値の高い投資判断業務や、高い運用収益が期待できる、オルタナティブ投資業務の時間を確保することができるとしている。
(画像は第一生命HPより)


▼外部リンク
第一生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.dai-ichi-life.co.jp
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)