東京海上日動、「空飛ぶクルマ」開発中の企業に向け、保険提供開始

飛行中および走行中の賠償責任補償、無人航空機にも

東京海上日動火災保険株式会社は2019年3月28日、国内で「空飛ぶクルマ」の試験飛行・実証実験を目指す企業に、保険の提供を開始したと発表した。
「空飛ぶクルマ」を開発中の企業に対して提供される保険商品では、従来の「航空保険」をベースとして第三者への賠償責任補償をカバーする一方で、補償の適用範囲を飛行中はもちろん走行している状況下にも拡大された。
さらに「航空機」の定義も有人航空機だけではなく、無人航空機にまで拡大したとのこと。

「空飛ぶクルマ」2020年代半ばの実用化目標を見据えて

経済産業省および国土交通省は2018年8月、「空の移動革命に向けた官民協議会」を発足、「空飛ぶクルマ」の実用化に向けて検討を進めている。同12月に実施された第4回会合では「空の移動革命に向けたロードマップ」が取りまとめられ、2019年に試験飛行・実証実験、2020年代半ばに実用化、そして2030年代以降には実用化の拡大という目標スケジュールが掲げられた。
東京海上日動は今後、技術進展のプロセスで得られる知見を基に、随時、新たな補償・サービスの開発を検討していくとのこと。
(画像は東京海上日動HPより)


▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社のプレスリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)