SBIいきいき少額短期保険「ペットに関するアンケート」結果発表

9割以上が「おすわり」を習得

SBIいきいき少額短期保険株式会社は、2019年4月1日「ペットに関するアンケート」の結果を発表した。
これは、SBIいきいき少額短期保険は、2019年1月12日(土)から同14日(月)にかけて、パシフィコ横浜で開催された「Pet博2019 in 横浜」に出展した際に、同社のブースを訪れた、犬・猫を飼育している人802人を対象として実施したもの。
犬のしつけの習得状況に関連し、代表的なしつけとして「お手」、「おかわり」、「おすわり」、「伏せ」、「待て」の5項目について調査したところ、最も習得率が高いのは「おすわりができる」と回答したのは、全体の96.6パーセントと非常に高かった一方で、最も低かったのは「伏せ」で、「できる」と回答したのは78.6パーセントだった。

費用をかけているもの、1位は「フード」、2位は「サプリ(健康食品)」

また毎月のペットにかける支出を質問したところ、最も多かったのは「5,001円~10,000円」で33.4パーセント、ついで「10,001円~15,000円」の24.4パーセント、「0円~5,000円」の21.8パーセントとなっている。
さらに費用をかけているものを聞いたところ、最も多かったのは「フード」(58.6パーセント)で、2位以降には「サプリ(健康食品)」(36.4パーセント)、「洋服」(21.4パーセント)などがランクインした。
(画像はSBIいきいき少額短期保険HPより)


▼外部リンク
SBIいきいき少額短期保険株式会社のプレスリリース
https://www.i-sedai.com/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBIいきいき少額短期保険
(記事提供:スーパー・アカデミー)