ビックカメラなど、デジタル家電対象に『ビック1日から保険』の提供開始

オンデマンド型保険『ビック1日から保険』の提供開始

株式会社ビックカメラ、トロブ(米国シリコンバレーのスタートアップ企業)および損害保険ジャパン日本興亜株式会社の3社は3月29日、スマートフォン等のデジタル家電を補償対象とするオンデマンド型保険『ビック1日から保険』の提供を、この4月1日から開始すると発表した。
昨今のデジタル技術の進化とスマートフォンの普及から、さまざまな商品やサービスをスマートフォンで購入できるようになり、また、若年層を中心にシェアリングエコノミーや中古品売買等も広がるなど、消費行動や生活パターンも変容してきている。
顧客のライフスタイルやニーズが多様化していく中、保険でも「スマートフォンで手軽に保険加入したい」「必要な時に必要な物にだけ保険加入したい」というニーズが顕在化している。
そこで3社は、こうした新たなニーズに応えるため、自分の大切な所有物(対象品目は、スマートフォン・タブレット・パソコン・カメラ・ヘッドフォン・ゲーム機のデジタル家電6品目)に1日単位で手軽にスマートフォンからウェブ上で保険加入できる『ビック1日から保険』を開発したもの。
ビックカメラグループ各社(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)のECサイト(ビックカメラ・ドットコム、コジマネット、ソフマップ・ドットコム)にて、前記デジタル家電6品目を購入した顧客を対象に、『ビック1日から保険』を案内するという。

1日当たりの保険料は数十円~百数十円程度

このサービスでは、外出時や国内旅行時など顧客の必要な時に、必要な所有物に対し必要な日数だけ保険に加入でき、保険の加入は、スマートフォンからウェブ上で手続きが行える。また1日当たりの保険料は、対象品目と保険金額によって異なるが、数十円~百数十円程度で加入できる。
具体例としては、MacBook(12インチ)の場合の保険金額129,000円に対し、1日当たりの保険料は154円となり、補償内容としては、対象品目の国内での使用による破損・水濡れによる事故が対象となる。
また、事故が発生した場合は、トロブの事故受付窓口に連絡後、ビックカメラグループ各店舗の修理カウンター(サービスサポートカウンター)に対象品目を持ち込むこととなり、保険による補償は、原則として修理または代品交換となる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
株式会社ビックカメラ プレスリリース
https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/news/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)