「スミセイアフタースクールプログラム」参加団体募集中

小学生の放課後をより楽しく、より成長できる場に

住友生命保険相互会社(以下「住友生命」)は4月10日、「スミセイアフタースクールプログラム」の開催団体の公募を開始した。
このプロジェクトでは小学生を対象に、19種類のプログラムを全国各地で無償提供している。「いのち」「健康」「みらい」をテーマに、大人の仕事の体験、楽器の演奏、化学の実験、料理教室、運動、遊びの紹介など、小学生が放課後に楽しく参加できるプログラムを実施する団体を求めている。
「夢をかなえる」では子どもたちが日頃やってみたいと思っていることを実現することが狙い。7月・8月に実施するプログラムに関しては、応募締めきりが5月31日となっている。

文部科学省の後援事業に承認され、グッドデザイン賞も

スミセイアフタースクールプログラムも今年で第7回となる。
プロジェクトは2017年度のグッドデザイン賞に輝き、2018年に地方創生担当相の表彰を受け、2019年3月7日付けで文部科学省の後援事業として承認された。
応募はメールまたはファックスで受け付けており、応募用紙は専用サイトからダウンロード、プログラム応募者全員に楽しいプレゼントもある。
(画像は住友生命公式ホームページより)


▼外部リンク
住友生命 リリース
http://www.sumitomolife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:住友生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)