FWD富士生命、ネット型セカンドオピニオンサービス「Findme F」の提供を開始

「新がんベスト・ゴールド アルファ」がパワーアップ

FWD富士生命保険株式会社は2019年5月8日より、ネット型セカンドオピニオンサービス、「Findme F(ファインドミーエフ)」の提供を開始する。
これは、同社の保険商品、「新がんベスト・ゴールド アルファ」などへの新たな商品付帯サービスとして導入されるもので、乳がん、卵巣がん、子宮がん(子宮頸がん、子宮体がん)が対象となる。

自宅でインターネットを通してセカンドオピニオンを受ける

「Findme F」では、一般的なセカンドオピニオン外来とは異なり、自宅からインターネットを通じてセカンドオピニオンを受けることができる上、1人の専門医に限らず、複数の専門医からセカンドオピニオンを受けることができることが大きな特徴となっている。
また、専門医からの説明は口頭ではなくレポート形式で受け取ることができるため、内容をきちんと把握することができる、家族と一緒に確認することもできる。
さらに、一般的なセカンドオピニオン外来では保険外診療となり、全額自己負担だが、同サービスを利用すれば無料で専門医の意見を聞くことができる。
(画像はFWD富士生命HPより)


▼外部リンク
FWD富士生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.fwdfujilife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:FWD富士生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)