かんぽ生命、車いすテニス大会の特別協賛に

天皇陛下御在位三十年記念大会
株式会社かんぽ生命保険は4月19日、車いすテニス大会の特別協賛を行うことを発表した。
このテニス大会は天皇陛下御在位三十年の記念大会で、一般社団法人日本車いすテニス協会及び特定非営利活動法人九州車いすテニス協会が主催している。
会期は2019年4月23日から4月28日までとなり、車いすテニスを通じて国内外の車いすテニスプレイヤーが交流を深めること、また車いすスポーツが健全なスポーツ競技として普及・認知されることを目的として行われる。
株式会社かんぽ生命保険はこれまでも一般社団法人日本車いすテニス協会のトップパートナーという立場から車いすテニスの競技自体を応援しており、車いすテニスへの積極的な支援を行ってきた。
株式会社かんぽ生命保険は大会を通じて、今後も夢に向かって挑戦する全ての人を応援していきたいと意欲的である。
クアードクラスが文部科学大臣杯に
株式会社かんぽ生命保険が特別協賛を行う車いすテニス大会は、2018年度の大会より障がい者スポーツとしてははじめて天皇杯・皇后杯が下賜された大会である。
またそれだけでなく、2019年度大会の第35回飯塚国際車いすテニス大会より新たに文部科学大臣杯が授与されることが決定した。対象となるのは四肢麻痺のクアードクラスであり、シングルス優勝者にその栄光が与えられることとなる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
株式会社かんぽ生命保険ニュースリリース
https://www.jp-life.japanpost.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)