東京海上日動、デジタルを活用し代理店ビジネスの更なる付加価値を向上

デジタル活用で代理店ビジネスの更なる付加価値を向上

東京海上日動火災保険株式会社は4月18日、より付加価値の高い提案・サービスを顧客に提供するため、最新テクノロジーの活用により代理店システムを大幅にリニューアルするほか、種々の顧客との接点で得られた情報を統合・集約できるデジタルプラットフォームを新たに開発・導入すると発表した。
最近は、消費者ニーズの多様化やテクノロジーの進展から、テクノロジーを活用することで顧客ニーズを的確に把握するとともに、顧客に最適な商品とサービスを案内することが必要となってきている。
そこで同社は、新たなテクノロジーの活用により、商品・サービスの高度化を目指すほか、代理店ならではの専門性が高く温かみのある対応を顧客に提供することとしたもの。
既に発表したスマホアプリ『モバイルエージェント』の大幅リニューアルに続き、代理店の高付加価値提案や業務効率化を支える仕組み実現のため、代理店システムの大幅なリニューアルに着手した。
そして、これらの取組みを通じ、以前から代理店が有している「顧客とのリアルな接点」という強みを活かし、顧客満足度を高め、同社と代理店が共に顧客から選ばれ続けることを目指す。
また、代理店による個別顧客対応での付加価値高い提案と、代理店自体の業務効率化・生産性向上等を実現するため、代理店システムの機能を、高いユーザビリティを確保しつつ大幅にリニューアルすることとした。

顧客の求める最適な商品・サービスを提供し易く

そして、顧客に関するあらゆる情報を顧客ごとに統合・集約できるデジタルプラットフォームを開発・導入し、前記代理店システム機能と連携・拡大して、同社代理店向けに2020年以降に導入していく予定という。
なお、この取組み実現には、セールスフォース・ドットコム社の最新システムである“SalesforceFinancial Services Cloud”を、国内保険会社として初めて採用する。これにより、顧客の求めるものを予め理解し、最適な商品・サービスを提供し易くなるとしている。
こうした取組みにより同社は、代理店との持続的な成長につなげていくとしている。
(画像は東京海上日動火災保険株式会社HPより)


▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社 プレスリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)