太陽生命、ミャンマー生命保険市場での合弁事業開始に向け意向表明書を提出

キャピタル・ライフ社との資本・業務提携に向け

太陽生命は4月25日、ミャンマーの生命保険会社キャピタル・ライフ社との資本・業務提携に向け、両社共同でミャンマー計画財務相に意向表明書(Expression of interest、以下、EOI)を提出したと発表した。
ミャンマー国では、ミャンマー国内の企業が外国会社とジョイントベンチャー(JV)を検討する際には、JV両社が共同でミャンマー計画財務相にEOIを提出しなければならない。

1月、保険事業を外国会社に開放

太陽生命がミャンマー・ヤンゴンに駐在員事務所を設置したのは2012年だ。以来、ミャンマーの保険業界発展への活動を行う中、今年1月、ミャンマー計画財務相が保険事業を外国会社に開放した。これを受け今回、EOIを提出することとなった。
キャピタル・ライフ社との資本・業務提携では、ミャンマーが規定する外資出資の範囲内で出資し、ミャンマー国への人員派遣と同国の生命保険事業の推進を行うとしている。
ミャンマー計画財務省の承認等を得られれば、今後、キャピタル・ライフ社は太陽生命の海外関連会社となる。太陽生命では今後もミャンマー保険業界の発展に貢献していくとしている。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
太陽生命 プレスリリース
https://www.taiyo-seimei.co.jp/2019/20190426.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:太陽生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)