損保ジャパン日本興亜、弥彦村と『地方創生に関する防災力向上に係る連携協定』を締結

『地方創生に関する防災力向上に係る連携協定』締結

損害保険ジャパン日本興亜株式会社は4月25日、新潟県西蒲原郡弥彦村と『地方創生に関する防災力向上に係る連携協定』を締結したと発表した。
弥彦村は、新潟県のほぼ中央部にあり、霊峰弥彦山(634m)を隔てて新潟市・長岡市と接している。また、天香山命(あめのかぐやまのみこと)をご祭神としている越後一宮「彌彦神社」は、万葉の昔から「おやひこさま」の愛称で広く民衆から愛され崇拝されてきている。
また弥彦村は、立地条件にも恵まれ、県内だけでなく首都圏・関西方面との結びつきも強くなっていて、新潟県屈指の観光地となっているが、これまで大きな災害に遭遇したことがなく、防災に関する村民への情報提供や村民の防災意識向上を課題としていた。
同社は、新潟県におけるトップシェアの損害保険会社として、地域産業の安定的な繁栄を支援するノウハウを活かし、村民サービスの向上と地域の活性化に貢献するため、弥彦村に地域創生に関する防災力向上での連携を提案、今回の協定締結に至ったという。

弥彦村の「安心」・「安全」な村づくりに貢献

なお同協定は、両者が緊密な相互連携と協力を行うことで、地域の安心・安全の向上を図ることが目的となる。
協定の主な内容としては、「ドローンを活用した情報収集」、「防災意識向上の普及」、「地震保険の情報提供や加入促進」、「その他、安心・安全に関する相互協力」の4項目に関して、業務連携を行うこととなっている。
この協定締結で同社は、生活の中に歴史が溶け込み、四季折々の自然が楽しめる弥彦村の「安心」・「安全」な村づくりに貢献することで、地方創生を支援していくとしている。
(画像は損害保険ジャパン日本興亜株式会社HPより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 プレスリリース
https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/topics/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)